こんにちは。
整体師の稲村ともうします。

ひざ関節痛専門で整体をしている私のところに、
数年前からオスグット病でお悩みの方から
深刻な相談を受けるようになりました。

あまり聞きなれない、オスグット病とは、
どういう症状なのでしょうか?

オスグット病とは


10歳から15歳ぐらいまでに
多く発症する膝の関節痛です。

膝のおさらの少し下の骨の部分が、
太もも前面の筋肉に引っ張られ、ポッコリと膨らんで、押すと痛かったり、
走ったりすると痛むのが特徴といえます。

膝の下が膨らむため、骨の痛みだと思われている方が多いですが、
実際には、骨ではなく、筋肉の痛みです。

成長痛といわれることもありますが、
現在、医学的には成長とは直接の因果関係はない
考えられています

オスグット病の原因とは


現在は、ストレス社会だといわれています。
チーム内での人間関係や、競争、プレッシャー。

それに加えて、
冷たいもの、糖分の取りすぎ、
慢性的な睡眠不足。
子供たちをとりまく環境はよいとはいえません
このようなストレスや生活習慣のみだれによって、
自律神経が全身の筋肉を緊張させ、体が硬くなります。

この状態で、
激しい運動をすることで、
疲労の回復が遅れ、
構造上弱いところの筋肉に、
血行障害がおこることによって痛みが生じます
(成長期は骨端が柔らかい時期のため、膝や踵に痛みが生じやすくなります)


オスグット病といっても人によって症状は様々


症状には個人差があって、
歩くことが困難なくらいの痛みを訴える人もいれば、
激しくジャンプした時や、運動後だけ痛む場合もあります。

基本的にオスグッド病は男子になりやすく、
女子は比較的少ないといえます。
女子がオスグッド病になった場合は、
男子とは原因が違いますので、対処法を変える必要があります。

はやく運動に復帰するには


オスグッド病は、まだ十分な知識と対応方法がある治療院が
全国的にも非常に少ないのが現状です。

大抵は、接骨院や整形外科で、
少しのマッサージと電気、家ではアイシングとサポーターなどを当てたりして、
なるべく安静にするという以外に方法がない状態です。

オスグット病が治るまでの期間


オスグット病は、
発症してから治るまでには非常に個人差があります。


・休んでいても一向に回復しない
・少しよくなっても、運動するとまたすぐに痛みがもどってくる
・運動しては休んでの繰り返しを何年も続けている


など回復期間は、千差万別です。
また、
スポーツ指導者の中にもオスグッド病に対する認識が不十分で、
我慢すれば治るとか、
誰でも一度はなるものというような
個人的な経験だけで判断されることが多いのが現状です。

もちろん、軽症であれば、自然に簡単に治る子もいます。
でも、どれだけ休んでも治らない子もいます

大人になっても治らないケースもあります


当院には20代、30代でもオスグッド病で通院される方がおられます

その方達は、”休んでいれば治るといわれたまま、
結局スポーツに復帰することができず、
思春期から10年以上膝の痛みを抱え、思うように運動ができなかったのです。

痛むには、成長痛以外に必ず原因があります。

当院では、オスグット病を膝だけの問題と捉えず、
根本原因である自律神経の緊張に着目し、
全く痛みのない、最新の整体法で、辛い膝の痛みを取り、
早期に、好きなスポーツに打ち込める状態を取り戻すことを目的としています。

今までどこに行っても改善しなかった難治性のオスグット病、
治りづらいといわれる
女子のオスグッド病にも対応しております。

 

当院の施術理念

オスグットの間違った常識をかえるために

オスグット病の古い常識を変える!


オスグット病は、”成長が終わるまでなおらない”
というのが今までのスポーツ界、医学界の常識でした。

しかし、
オスグットでお困りの方を
数多く診ていると、
オスグット病と呼ばれる症状は、
成長とは無関係だということに気づきました。

そして、その痛みの原因は
膝や、膝周囲にはほとんどなく、
自律神経というシステムの不具合によっておこることに気付き、
その改善手法を研鑽してきました。
今では、オスグット病でお困りの方の95パーセント以上は、
非常に短期間で改善することができるようになりました。


私にできることは、
オスグット病で苦しんでいる方が少しでもすくなくなり、
痛みを気にせずに
スポーツに打ち込める環境づくりのお手伝いができればと考えています。