シンディングラルセン・ヨハンセン病

シンディングラルセン・ヨハンセン病の施術

 

珍しいことに、
シンディングラルセン・ヨハンセン病の人が続けて二人ほどこられている。

名前は長くてスゴイけど、ひざ関節痛の一種。

奈良県からのKくん。
Kくんのヨハンセン病は比較的簡単なケース。

太腿の全面にストレス性の緊張と、後面に可動制限がかかっているパターン。
これらを解除すると、


「あれ?痛い場所が、かわった」

患部に残る、ピンポイントのストレス緊張を解除すると、

「全然痛くない!!」

試合に向けてのプレッシャーと、冷えが重なって、改善しにくくなっているようです。おそらくあと一回で運動しても問題ないレベルになると思います。
病名が凄いので、
かなりびびってた付き添いのお母さんも、一安心という感じでした。