足し算の施術と引き算の施術

クライアントさんからよく聞かれること

 

「先生の施術はなんで触れてるだけなのに痛みが取れるのですか?」

施術が終わるころによく聞かれます。

説明は難しいのですが、
施術には足し算の施術と引き算の施術があります。

たとえば鍼治療であれば、
患部にたくさんの鍼を打つ流派があります。
このときに、もっとかずを増やせば効果があるかな。
という発想や、
これに電極をつけて電気をながせばより効くだろうと考えるのが足し算の発想。


逆に、
鍼を一本だけで効かせる方法はないかと考えていくのが引き算の発想です。

引き算の施術は
どんどん相手の体へのインパクトを減らしていこうという考え方です。

そうなると、患部よりも、なぜ今のような状態になったのか、
というシステムに目が行くようになります。

症状そのものよりも、
症状がおこるシステムを直すことに重点をおくようになります。

そうやって、
少しずつ相手に対するインパクトを少なくしているうちに、
今のように患部ではないところに触れている程度の圧力で施術するという形に
なってきました。

現在もまだ進化中です。