なぜ患部に触れずに施術するのか。

痛い部分を刺激するのは本当はあまりよくない

 

「先生、足の裏に全然さわらないのに何で痛みが取れるんですか??」

施術後、この質問をよくうけます。

確かに痛いところ、
悪いところに何かをして改善させるというのが
一般的な感覚なのだと思います。

このサイトで繰り返しお伝えしていますが、
シーバー病は成長にはあまり関係のない慢性痛です。



踵にはとくに悪いところはなにもないんです。
体全体が何らかのバランスの崩れを起こした結果、
踵付近の筋肉が緊張して痛みを発している
というのが踵骨骨端炎の状態です。

そのため、かかと付近を直接ふれて痛みをとってあげるというのは、
施術としては非常に浅いといえます。

バランスの崩れを取ってあげなければ、
同じ場所に症状が再発するか、
別の場所に痛みが発生する可能性が高いと考えています。

そのように全体の崩れが局所の痛みを発生させるという考えでいけば、
全体が整えば、足裏の痛みは消失するので、
足に触れずに症状がなくなれば、
ほぼ全体が整ったと考えていいと思います。

来院された方が、
「足の痛みもなくなったけど、ずっと慢性だった肩凝りも感じなくなった。」

そんな風にいっていただけるのは、
近視眼的に足だけを見ないでやっているからともいえると思います。