なぜ踵が痛くなるのか。

かかとの痛みの原因

 

シーバー病やオスグット病で来院される方が年々増えています。
病院や整骨院にいくと、大抵は

「成長がとまると治るのでそれまでだましだましやるしかない」

と言われてアイシングや湿布をすすめられます。

しかし、成長が原因であれば、
成長する人は皆一時的にでも起こるはずですが、
シーバー病やオスグット病は特定の人しかならない症状です。

踵など痛い部分に目を向けると、本質が見えづらくなってきます。
実際にはシーバー病になるまでには、目に見えないレベルで、
体の疲労が蓄積しています。

結果的に重力に対する腰のバランスが崩れ、股関節、膝、外くるぶし、
内くるぶしなどにも負荷がかかるようになって、最終的に痛みがでてきます。

改善させるためには、
このプロセスを改善させなければすぐに再発してしまいます。

怪我でなければ、このプロセスは必ずありますので、
それを改善させることが一番重要だと考えています。