画像には痛みの原因は映らない?

画像検査で痛みの原因はみつけられるのか

シーバー病やオスグット病でも、
検査でレントゲンやMRIをとります。

骨折などの急性痛をのぞく、

慢性痛の場合、写った画像に骨の変形があったとしても、
それが直接痛みを起こしているかどうかは実はわかりません。

骨の変形と痛みの関連を検査する方法がないからです。

そもそも変形がいつ起こったものなのかも不明だと思います。

検査方法が画像に偏ると、
みえた状態の変形などが痛みとかかわっていると断定されますが、
慢性痛の場合は画像と痛みとはほとんど無関係のことが多いと感じています。

その結果、対処法のあやまりがおこり、
痛みが長引くケースが多いように感じます。

大切なのは、見えているものに惑わされずに、
痛みの原因を冷静の診ていくことだと思います。


追記

慢性痛でもまれに悪性腫瘍などの影響がある場合があるので
その点では画像診断は受けておく必要があると思います