最近のオスグッド病治療について

オスグッド病を本当に治すには

ここ数年の間に、オスグッド病に対応できる治療院がとても増えました。
このサイトをオープンした10年ほど前に比べれば、
オスグッド病の治療環境はとてもよくなったと思います。

しかし、気になることも正直あります。

それは、対処療法的な治療院が多いということ。
オスグッド病の専門院の大半は、
大腿四頭筋という筋肉を緩めることをメインにしています。

確かに、
オスグッド病の引き金となるのは、
大腿四頭筋という太ももの前の筋肉が張ることです。

しかし、
本当のコリはやわらかいでも書いていますが、
本来は、機能を失っている筋肉はやわらかくなり、
その支えになる筋肉が硬くなるので、大腿四頭筋は、支えにあたります。

そのため、この筋肉は直接ほぐしてはいけない筋肉なんです。

大腿四頭筋をゆるめて、オスグッド病の痛みが軽減しても、
本当の意味では治っていません。

大腿四頭筋の支えがなくなると、
別のところに支えになる筋肉が発生し、
時間の経過とともに、オスグッド病が再発したりや別の場所が痛くなって来ます。

結論!
大切なのは、症状をとることではなく、原因をとること!