女の子のオスグッド病は冷え性が原因

女の子のオスグッドが治りにくい理由

 

男子に比べると
非常にすくない女の子のオスグット病。
男の子に比べると、
治りにくいといわれています。

では、
なにが原因なのでしょうか?

オスグット病は、
膝の関節部が痛くなるので、
通常、
膝の故障だと認識している人が多いようです。

当ホームページをよく読んでいただいた方は、
ご理解いただいていると思いますが、
慢性の関節症の原因は、
膝の関節ではありません。

冷え対策で女の子のオスグッドも改善

 

とくに女子のオスグットの場合は、
内臓の冷えによる血行障害
原因になることが非常に多いです。

オスグット病というのは、
関節の障害というよりも、
頭痛や生理痛に近い痛み。
体の内側からの痛みなんですね。

だから、
一般的なストレッチや
アイシングでは十分な効果がないんです。

男子よりも、
女子の方がより、内側からの要因が強く、
だから治りにくいといわれているだけなんです。

キチンと、内臓の冷えに対処すれば、
男子同様、短期間で改善します。