2ヶ月前からのシーバー病

以前オスグッドで来院されたクライアントさん

 

舞鶴からのTくん。

一年半ほど前にオスグットで来院されました。
その時は2回ほどでオスグットが全快。
その後、以前と同じように痛みなくサッカーと空手ができているとお
母さんからメールをいただいていました。

今回は、2か月ほど前から踵が痛くなり、シーバー病と診断。
自然治癒するかなと思っていたそうですが徐々に悪化したため来院されました。


症状としては、右アキレス腱付近の骨が痛いのと、
アキレス腱からふくらはぎまで突っ張ったような張りがあるそうです。

問診してから施術にはいっていきます。

下腹部から冷えとストレスの緊張反応がでてきます。
これらが下腿部に連動しているようです。
緊張をとって症状を確認。

「踵は痛くないけど土踏まずがいたくなりました。」


痛みは、着地ではなく、
蹴り上げ時にでるようです。

土踏まずは、連動の問題ではなく、
ご自身で足をマッサージしたことによる防御反応のようです。
これを解除して確認。

「あっ!ないです。痛みなくなった!」

ジャンプ、軽いジョグなどをしてもらいますが痛みはなし。
踵を叩いてもらうと、

「踵の奥がなんか響きます」

まだ原因が体の中に残っているようですが、
おそらく時間がたつと消えていく痛みだと思います。
初回はこれで終了。

二回目のシーバー病治療


「あれからこの子も痛いといわなくなりました。
運動も普通にできています」

よかったです。違和感程度まで改善してきました。

残っている緊張層をとりきり、たまにあるという片頭痛の原因もとりきって確認。

「はい!もう全然大丈夫です!!」

これで問題ないと思います。