そのサポーター、回復をさまたげているかもしれません。

サポーターの効果とリスク

オスグットの一般的な治療法は、ストレッチ、アイシング、サポーターだと思います。
日々、施術をしていると、
稀にサポーターによって回復が遅れている方がおられます。

サポーターがあっていないと、
動くたびに、サポーターのふくらみの部分がオスグットに触れて、
患部に炎症をおこし、回復がおくれるのだと考えています。

人の膝の形状は一人一人違います。
また、オスグッド病で痛む位置も、みなさん違います。

オスグットがなかなか治らないという方は
やっているケアが間違っている可能性が非常に高いです。

一度サポーターをみなおしてみるのも一つだと思います。