オスグッド病は、成長に伴う骨の病気ではありません。早期改善が可能です。

オスグッド病のための治療院選び

オスグッドかな?と思ったら、まずは、整形外科へ

子供さんが、膝の下が痛い!と言い出したら、
安易に成長痛だとか、オスグッドだとか自己判断せずに、
整形外科へいきましょう。
オスグッドのような痛みで、別の骨の病気の可能性もあります。
まずは、病院でレントゲンをとってもらって診断をあおいでください。

オスグッドだとわかったら

オスグッド病だと診断されたら、次の段階、
アクティブケアかパッシブケアかを選びましょう。

アクティブケアとパッシブケア

アクティブケア

アクティブケアとは、自分で治すこと。
当サイトは、アクティブケアを応援するサイトなので、
サイト内を隅々まで読んでいただいて、
オスグッドの治し方を参考に、
ご自身でケアをするのが一つの方法です。

 

パッシブケア

パッシブケアとは、
専門家の治療をうけるということ。

ただ、治療院を探すというのは、
実は簡単ではありません。
このページでは、
どうやって、オスグッドに強い治療院をさがすかを主題にしています。

治療院選びで、全てが決まる!

整形外科で、オスグッドだと診断されたら、
あとは、それにあった治療院選びに入ります。

残念ながら、整形外科は外科なので、
オスグッドのような慢性痛の治療は苦手分野です。

痛み止めやリハビリ、筋トレというあまり効果の期待できない方法が
施されることが実際には多いです。

効果のない治療で、
数ヶ月、数年の時間を無駄にしてしまう子供さんが多いので、
注意が必要です。

よい治療院の選び方

まずは、治療院は、保険がきく治療院と、
保険がきかない治療院があります。
保険がきく場合、当たり前ですが安いです。

安いのは魅力です。
しかし、ご経験があるかもしれませんが、
保険治療の場合、多くの場合、
電気をあてて、温熱療法をして、
最後に少しだけマッサージ、テーピングという流れ作業になります。
つまり、保険を使うと、実際に体を診る時間が少ない

接骨院が乱立する今は、
なんとかして患者さんに通いつづけてもらうこと

が営業目的になっていることが多いので、
保険がきく治療院はさけたほうがいいと考えています。

家が近いから、安いからという理由で治療院を選ぶと、
結局回数ばかりかかって治らないばかりか、
単価が安くても回数通えば同じことです

どんな治療法がいいのか

治療院を探していると、
いろんな方がアドバイスをくれます。

鍼がいい、とか、カイロがよく効くとか、
正直なにがいいのかさっぱりわからなくなります。

でも、ここは、迷わなくても大丈夫。
どんな流派、どんな治療法かは、治療のジャンルは、
あまり気にしなくていいんです。
要は、その人にオスグッドを治すスキルがあるかどうかです。

オスグッド病の専門院をさがす

このサイトをつくった10年ほど前は、
オスグッド病の専門院は、
全国的にも数軒しかなかったと記憶しています。

それから、技術をもった人がセミナーを開き、
いまは、
比較的多くの治療家がオスグッド病を治せる技術を持っています。
一つの都道府県に、少なくとも2軒ぐらいはあるのではないでしょうか。

専門院であれば、そこが鍼でもカイロでも整体でもなんでもいいです。
要はオスグッド病を治すノウハウを持っているかということが重要だからです。

通う回数の目安

オスグッド病の場合、
オスグッドの専門家で5回以内の改善というのが目安ではないでしょうか。

オスグッドで、
何十回も何ヶ月も治療院に通っている子供さんがおられます。

しかし、治療というのは、
最初の1、2回で、症状が大きく改善しなければ、
そのあと何回通っても同じことなのです。
それ以上進展することはありません。

治療とは、
その症状をなおすスキルを治療家が持っているか。

それにつきます。

もし、持っていればよほど特殊な症状でなければ5回以内には終わるはず。
なければ、何十回通っても同じことの繰り返しになります。

要は、
オスグッド病という扉に合う鍵をもっているかどうかということです。

いい治療院かどうかを見分ける方法

もし、通える範囲に、
オスグッドの専門院が2件以上あったとします。
どちらのほうがいいのか。見分ける方法があります

スタッフの人数

治療はアナログな職人仕事ですから、
技術を伝えるというのは時間もかかるし、難しいものです。

技術スタッフが3人以上いる場合は、おそらく
技術のレベルはかなり低いと思います。
技術者は一朝一夕には育ちません。
できれば、一人。多くて二人までの治療院が理想です

予約状況

開院してからある程度年月がたっていて、
技術がすぐれて評判がよければ口コミが広がって、
予約が取りづらい状況になります。

よほど急いでいる場合は別にすれば、
予約が埋まっている方がよりよい治療院である可能性が高いです。
(当日の予約がとれるところは避けた方が無難です)
回数も少なく終わるので、結果としては期間も短くなる可能性もあります。

ホームページ

今は、ほとんどの治療院にはホームページがあります。
ホームページをみて、見分ける方法もあります。

単純に読んで見て、ウィキペディアから貼り付けたような
文章であれば、オスグッド病の治療の経験が浅い可能性があります。
十分な経験、ノウハウがあれば、
治療経験からでた経験談などが、
自分の言葉で記載されているはずです。
そういう記事があれば、遠方でも行ってみる価値があると思います。

宣伝方法

通える範囲で、複数のオスグッド治療院があった場合、
ホームページを検索するのも一つの方法です。

yahoo!やGoogleには、有料の広告枠があるので、
有料広告をだしていれば、広告枠で上位に表示されます。

宣伝するというのは大切なことではありますが、
予約が詰まっていて、実力が治療院は、断ることの方が多くなるので、
有料の宣伝はしないものです。

つまり、
有料の宣伝をせずに予約がとれづらい治療院を探すということ。
ちょっと裏技ですが、
有料広告をだしているかというのも重要な判断材料になります。

まとめ

では、オスグッド病の治療院選びのおさらいです。
よい治療院を見分けるためには、
大まかにみれば、次の4つをみればわかります。

1、保険が効かないオスグッド専門院であること
2、少人数制であること
3、予約がとりづらいかどうか
4、ホームページに内容があるかどうか

治療院選び、どうでしたでしょうか?
これらを見ていけば、治療院選びで失敗することはないと思います。
よい治療院をみつけて、
大事な子供さんのオスグッド病が、
短期間で改善することを切に願います。