オスグッド病とは

あまり耳慣れないオスグッド病、
成長痛ともいわれ、一般的には、成長が終わるまで治らないといわれています。
オスグッド病とは、どのような病気なのでしょうか。

オスグッド病について

オスグッド病は、
オスグッドとシュラッダーという二人の整形外科医が
発見したため、オスグッド・シュラッター症候群といわれます。

小学校高学年から中学生に発症しやすい
オーバーユースによる代表的なスポーツ障害の一種。

野球、サッカー、バスケットボールのような
stop and goの多いスポーツをされてる方に発症しやすい傾向があります。

成長期に発症しやすいため、
成長痛といわれることもありますが、
成長と痛みとは直接の関係はありません。

多くの場合、
男子に発症しますが、
女子に発症するケースもあり、
男子より、女子の方が治りづらい傾向があります。

オスグッド病は、どんな症状が現れるのでしょうか?

一般的には、
膝の下にポッコリと骨のコブのような突起がでて、
その部分が痛みます。

初期の段階では

・運動したあとに痛い
・膝下のポッコリした部分が熱をもつ
・正座などで突起の部分が地面に着くと痛い。
・運動すると痛いけど、しばらくすると治る

のような症状があらわれます。

走る、ジャンプ、屈伸などをすることで、
膝の下の脛骨粗面というところが、
大腿四頭筋という太ももの前の大きな筋肉に引っ張られて痛みます。

・曲げる途中がいたい
・何もしなくてもズキズキする

など、痛みのパターンはさまざまです。
また、
痛みの程度も個人差が大きく、
痛みながら運動できる程度の子供さんもいれば、
歩行が困難なぐらいの強い痛みを発する子供さんもいます。

どんなメカニズムで発症するのでしょうか?

オスグッド病のメカニズム

 

太ももの前の大腿四頭筋という大きな筋肉が硬くなり、
柔軟性がなくなることで、膝の下の脛骨粗面という部分をひっぱり、
その部分がポッコリと膨らみ、
筋肉の引っ張りがつよくなると、
腫れ、熱、痛みを伴うようになります。

ポッコリした骨が痛むのでしょうか?

 

誤解されることが多いですが、
オスグッド病の場合、痛いのは骨ではなく筋肉です。

大腿四頭筋に引っ張られて、膝のお皿の下の筋肉(腱)に痛みを感じます。

例えば、
髪の毛を引っ張ったときに、頭皮に痛みを感じますが、

それに近いイメージです。

どれぐらいの期間で治るのでしょうか?

回復期間にはかなり個人差があります。

症状の軽いものであれば、
一週間程度で勝手に治る人もいますが、
運動を休まずに無理をすると、数年程度は痛みがつづくことがあります。

通常は、
高校生ぐらいになると、骨端がしっかりしてきて、
大腿四頭筋が強く緊張しても、痛みを感じなくなります。

しかし、まれに、それ以降も改善せず、
大人になってもずっと痛みを引きずる人もいます。
これらはオスグッド後遺症と呼ばれます。
(後遺症という名前ですがそもそも治っていないと考えた方が自然です)

 

手術は必要ですか?

オスグッド病の場合は、現在では保存療法を選択される方が大半で、
手術はほとんどの場合はされないようです。

手術する場合は、オスグッドの出っ張った骨を削る手術や、
剥がれた軟骨を除去する手術になります。

しかし、
リハビリ期間が必要であったり、術後に痛みが出ることも多く、
リスクの方が大きい印象があります。

 

治す方法はあるのでしょうか?

オスグッド病の代表的なケアとしては、

・大腿四頭筋のストレッチ
・アイシング
・サポーター

などがありますが、これらは一時的な痛みの軽減のためのもので、
治すためのものではないために、
やりすぎると、逆に慢性化する可能性が高いです。

オスグッド病の間違った常識が治りを遅くする

オスグッド病は、成長痛、骨の病気というイメージが強く、
成長期がおわるまで治らないといわれています。

しかし、
実際には、骨の病気でも、成長による痛みでもなく、
大腿四頭筋という筋肉の緊張によって起こる緊張痛です。
そのため、適切なケアを行うことで、
自分で治すこともできます。

当サイトでは、
オスグッド病を自分で治すことができるように、
正しいオスグッドの知識をもっていただき、
適切なケアをすることで、
短期にオスグッドの治癒を目指しています。

オスグッド病のケアについては、
オスグッド病の治し方をご参照ください