サッカー少年の有痛性外脛骨とオスグッドの痛み

有痛性外脛骨




愛媛県から来院されたKくん。


膝下の痛みであるオスグット病と、両脚のうちくるぶし付近が痛む。


両方とも立っているだけで痛みがでる状態。


バスケをやっているが、将来的にプレーを続けていってもいいかどうかわからないので遠方からこられた。


検査法で反応点をみていくと、2点ほどに反応。
反応部分の緊張を緩めるとまずオスグットの痛みはなくなる。


有痛性外脛骨の部分はなかなかしぶとく、いくつもの要因がかさなっているよう。


一つ一つ緊張をはずしていると、徐々に痛みがなくなり、
少し残った痛みに対しては、転嫁法で。

すると、


「あ、痛みがなくなりました」


いろんな動作をしてもらって痛みがないか確認して終了。


遠方のため、セルフケアコースを選んでいただいたので、
体の特性などをご本人とお母さんにしっかりと説明した。


ご本人も、お母さんもとても納得してもらえたようで、遠方から来てもらったかいがあった。さkk