オスグッド病は、読んで、実践して、自分で治せる!

こんにちは。
慢性痛専門の、手技療法家の稲村と申します。

10年以上前から、オスグッド病という、
耳慣れない病名の子供さんたちをよく診るようになりました。

ほどんどの場合は、改善は簡単で、
大抵、3回程度の施術で運動復帰できるのですが、
皆さん、一様に、

「オスグッドは成長痛だから治らないと思っていました」

とおっしゃるのです。
そして、どんなケアや治療をしていたかを詳しくお聞きすると、

ほとんどのかたが、
症状が悪化するようなケア
をしているのです。

ここ10年ほどで、オスグッドに精通した治療家も徐々に増え始め、
治療環境は以前よりはよくなっています。

しかし、
オスグッドは成長痛だから我慢しなければいけない

という間違った認識や、

アイシング、サポーター、ストレッチという、
効果のないケア方法が蔓延している状況は、あまりかわっていません。

オスグッドは治りづらいといわれる3つの理由

世間的には、オスグット病は、
成長痛だから
成長期がおわるまで治らないと
いまだに言われています。

なぜ、
そういわれているのか。

それには、3つのポイントがあります。


①骨の変形による痛みという勘違い
②成長が原因であるといわれている
③悪化するようなケア方法

①骨の変形による痛みという勘違い

オスグット病の場合は、
膝の突起した部分が目立ちますが、
これは痛みとは因果関係はありません。

これが飛び出ていて痛いわけではなく、
ここに付着する筋肉が痛みを発しているだけなんですね。
筋肉の痛みは肩こりや腰痛と同じものです
骨に関しては、飛び出ていても痛くない子供方が多いぐらいです。

②成長が原因であるといわれている

痛みと成長は医学的にも関係はありません。
ただ、
痛みは比較的弱い部分に出やすいという傾向はありますので、
大人に比べると、骨端にでやすいという特徴はあります。

③悪化するようなケア方法

患部に当たって炎症が悪化するようなサポーター。
患部を引っ張るようなストレッチ、
痛みを麻痺させるだけのアイシング。

改善どころか、
痛みを慢性化させるような間違ってケアが広まっているため、
それが原因で症状がながびくケースが非常に多いです。

オスグット病というのは、
ただの慢性の筋肉の痛みにすぎません。

痛みを発しているのは、
骨ではなくて、筋肉。
基本的には肩こりや腰痛と同じです。

キチンと対処すれば、
本当に短期間でよくなる関節痛です。

 

オスグッド病は自分で治せます

オスグッド病は難治性のものでなければ、
ほとんどのケースは、自分で治せます。

なおらなかったのは、成長期だからではなく、
間違った知識で対処をしていたから。
それだけです。

オスグッド治療の常識を変える!

当サイトは、
世間に広まっている、
オスグッド病の間違った常識を変えることを目標としています。

そのため、
オスグッド病でお困りの方が自分で治せるように、
できるだけオスグッド病の正しい情報をお届けしています。

よく読んでいただいて、内容を実践していただくだけで、
1、2週間でオスグッドの痛みは引いていくはずです。

シンプルにまとめていますが、それでも一定の分量がありますので、
ゆっくり、よく読んで、そして、実践してみてください。

少しでも早く、痛みから解放されて、
以前のようにおもいっきり運動できる体を、一緒に取り戻しましょう!